› わくワーク館の仲間達 › 2015年12月

スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2015年12月24日

福岡デザインアワードに入賞しました

わくワーク館は平成26年からNPO福岡デザインリーグさまにサポートをしてもらい、かねてより子どもたちに大人気のわくワーク館のハウスボックスを改良をしました。

そして平成27年の今年。
『工作キットシリーズTUNAGU』とネーミングした「お手紙ハウス」「コインハウス」「ボックスハウス」が福岡県産業デザイン協議会と福岡県で魅力ある価値を創造する県内の商品を表彰する第17回福岡デザインアワードに入賞することができました。





お手紙ハウス

コインハウス

ボックスハウス

こちらの商品は博多リバレイン2F福岡デザインステージD12にて12月19日から2月末まで展示販売しています。

博多リバレイン2F 福岡デザインステージD12
〒812-0027 福岡県福岡市博多区下川端町3−1


商品パッケージ


今年も残すところ一週間です。

わくワーク館は来年の一月ふくおか三越「まごころ製品」大販売会に向けて商品の準備をしています。詳細は追ってまたお知らせします。

平成28年もわくワーク館をよろしくお願します。


  


Posted by わくワーク館 at 14:50Comments(0)

2015年12月24日

箱入り木製タグ 1500個無事に納品しました!

兵庫県にある千刈カンツリー倶楽部さまから平成27年1月に大きなお仕事のお話をいただきました。千刈カンツリー倶楽部さまの50周年記念のロゴとおひとりおひとりの名前を入れた木製タグ(けやきの板)を1500個作成するという大きなお仕事です。

50周年記念品を1500個と作るというお話に最初はドキっと不安を感じました。
普段わくワーク館では子ども会ようの工作キットを作成するお仕事を主にしています。オーダーメイドのタグの商品は以前から受けていましたが、1500個という大きな数の商品のお話は初めての経験です。

不安ではありましたが、作成のお話を受け、約一年の期間をかけて商品作成を行いました。わくワーク館のなかまたちでマスキングテープ貼り、テープはがし、やすりかけ、ニス塗りをくりかえし作業を分担。最後はきれいに袋詰めを行いました。夏休み期間中などは子ども会のからの注文が多く手がつけられない時期もありましたが、なんとか無事に納品することができました。

この大仕事はわくワーク館にとても大きな自信へとつながりました。

千刈カンツリー倶楽部の皆さま、このような小さな事業所にお声をかけてくださった「まごころ」に感謝いたします。




  


Posted by わくワーク館 at 14:49Comments(2)